糖尿病と歩む あなたの未来をともに寄り添い 変えていきましょう 地元を愛する糖尿病専門医のいるクリニック ちょっとした不調の「かかりつけ医」から糖尿病専門治療まで 糖尿病と歩む あなたの未来をともに寄り添い 変えていきましょう 地元を愛する糖尿病専門医のいるクリニック ちょっとした不調の「かかりつけ医」から糖尿病専門治療まで

大学病院における
「豊富な経験」と「最先端の専門医療技術」
を愛する地元で活かしたい

院長 柳 一徳

院長 柳 一徳

日本糖尿病学会 認定専門医
日本内分泌学会 認定専門医
日本内科学会 認定内科医
日本医師会 認定産業医
日本甲状腺学会 会員

真岡市で治療にたずさわること

私は真岡で生まれ、真岡で育ちました。幼少期はさまざまな病院にお世話になり、獨協医科大学に入学したときは、地元の医療に救われながら成長したことに深く感謝し、「いつか真岡市周辺の医療にたずさわりたい、恩返しがしたい」という思いを持ちながら、医学を学び、医師としての研鑽を積んでまいりました。
ご縁に恵まれ、古くから愛されてきたくまくら診療所の地で、地元のみなさまの「かかりつけ医」として、そして最先端の医療技術と豊富な経験を活かす「糖尿病専門医」として、「モオカ 内科・糖尿病クリニック」の院長をさせていただくことになりました。
いつでも頼れるかかりつけ医、患者様それぞれの糖尿病に寄り添い信頼される糖尿病専門医となれますよう、日々みなさまの健康に向き合ってまいります。

「自分が患者として病院に通ったとき」の心を忘れず
患者様の不満や恐怖心、不安、疑問に向き合いながら

最先端の糖尿病治療・対策をご提案

糖尿病の患者様は依然として多く、近年は中高生など若年化も見られるようになりました。高校生でメタボリックシンドロームの診断を受ける人もいます。
糖尿病のほとんどを占める「2型糖尿病」は「生活習慣病」とも呼ばれるように、生活習慣や食生活による体への負担が、病気という形で現れたものです。
まずは生活習慣の改善や、コンビニ食でもできる食生活の改善、できる範囲の軽いスポーツなどから、メタボ生活を変えていきましょう。
糖尿病の進行が見られる患者様にはお薬もお出しします。2型糖尿病の内服薬は、大きく3つのタイプ、複数の種類に分けられます。
患者様の糖尿病の状態に合わせて、もっとも効果的なお薬をお出しすることも、糖尿病専門医の仕事です。

経歴

  •  真岡市立真岡西中学校・栃木県立真岡高校卒
  •  獨協医科大学 医学部卒
  •  テキサス大学医学部留学
  •  獨協医科大学 内分泌代謝内科
  •  足利赤十字病院
  •  佐野厚生総合病院
  •  とちぎメディカルセンターしもつが
  •  西方病院
  •  石橋総合病院
  •  那須赤十字病院 糖尿病・内分泌内科部長

※一部外来勤務含む

当院の診察・治療方針

基本は健診です

糖尿病には全身症状も見られますが、症状が自分でわかるころにはかなり進行していることがほとんどです。
糖尿病は早期発見、早期の治療開始が重要な病気です。早期発見をするためには、血液検査が必要です。
市町村や企業で行っている健診の簡単な血液検査でもわかりますので、必ず毎年健診を受けましょう。

健診で糖代謝に異常があったら

健診で糖尿病に関する「糖代謝」の欄になんらかの指摘があった場合、糖尿病の可能性があります。
ひとつでも、一度でもチェックが入ったら、健診結果をお持ちになってご来院ください。

まずは生活習慣・食生活の見直しを

ご来院いただきましたら、問診をさせていただきながら、生活習慣・食生活の改善すべきポイントを探していきます。

例えば、

  •  食事の総カロリーは少ないが、主食(糖質)が多くかたよった食事
  •  スポーツドリンクや糖入りのお茶などを毎日飲んでいる
  •  運動不足
  •  昼夜逆転など生活リズムが安定しない

などです。

糖尿病の治療には、3つの柱があります。

食事療法

運動療法

薬物療法

療法、といっても特別なことをするわけではなく、食事療法ならカロリーと栄養バランスの取れた食事をとること、運動療法は少しでも体を動かすよう心がけることがポイントです。
まずはお薬にたよらず、「食事」と「運動」を見直すことで、糖尿病との付き合い方を探っていきます。

食生活の指導

管理栄養士とともにできる範囲で行っていきます。生活習慣を伺ったのちに、スーパーやコンビニでも買うことができる食料品をどう変えれば健康的で血糖値を良くできるかなどを探っていきます。簡単にできる無理のない内容です。

運動不足の解消

散歩や軽めのジョギング、スイミングなどで筋肉を動かすことは、筋肉での糖の利用を増やし、血糖値を下げる効果があります。また血糖値を下げる働きをするホルモン「インスリン」の分泌や効き目をサポートし、中長期的にも血糖値を下げやすくします。
つらい運動を何時間も続けるのではなく、できることを毎日少しずつ行いましょう。

生活リズムの不安定

お仕事や赤ちゃん育児・介護など、生活リズムが不安定だったり、昼夜逆転している方の場合、すぐに改善することは難しいですよね。患者様の理想とする生活リズムを伺いながら、食事や睡眠のタイミングをはかっていきます。

血糖値や病状に合わせた
お薬による治療

血糖値がとても高い場合や患者様の病状によっては、生活習慣・食生活の見直しをしながらお薬による糖尿病のコントロールも行っていきます。
生活習慣病としての糖尿病(2型糖尿病)は、以下の2種類に分かれます。

  •  インスリンがあまり分泌されなくなるタイプ
  •  インスリンが分泌されているのに効きが悪くなるタイプ

※インスリン:血糖値を下げる働きをするホルモン

患者様がどちらのタイプなのかを診察や検査で判断し、複数ある飲み薬の中から患者様の病状にもっとも適したお薬を、時に組み合わせながら処方します。

糖尿病の合併症の予防

合併症とは、ある病気によって引き起こされる「新たな病気」であり、糖尿病には「しめじ」と呼ばれる三大合併症があります。

し 神経の障害/め 目の障害/じ 腎臓の障害

神経の障害

糖尿病神経障害(末梢神経障害)

合併症の中でももっとも多く、早期から現れやすい合併症です。高血糖の影響で、手足など末梢神経がダメージを受けます。手足の指に痛みやしびれが左右対称に現れます。
最初は違和感やしびれ程度ですが、次第に痛みを伴い、睡眠や日常生活に支障をきたします。病状が進行してしまうと逆に痛みをほとんど感じなくなってしまい、血流の障害と相まって壊疽の原因となります。

目の障害

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、目の網膜にあるとても細い血管がダメージを受け続け、放置すると出血・失明につながります。またほとんど自覚症状がありません。
そのほか白内障や緑内障などが現れることもあります。

腎臓の障害

糖尿病腎症

糖尿病腎症は、腎臓の中を走るとても細い血管がダメージを受け、腎臓の機能が低下してゆく合併症です。ほとんど自覚症状がなく、急激な体のむくみなどで気づいたときには入院での治療や人工透析が検討される状態になっていることもある、とても怖い合併症です。

それ以外の合併症

  •  動脈硬化
  •  心臓病(心筋梗塞や狭心症)
  •  脳卒中
  •  各種感染症(肺炎や足壊疽など)
  •  末梢の動脈疾患(糖尿病足病変など)
  •  歯周病
  •  認知症

また治療を行わずに放置していると、血糖値がより高くなり、それに脱水や感染症などが加わると、急激に病状が悪化する急性合併症(糖尿病性ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧症候群)を引き起こすことがあります。命にかかわる状態で入院での治療が必要になることがほとんどです。

このような多くの合併症を引き起こさないためにも早めに治療を開始し、生活習慣の改善や食生活の見直し、お薬による血糖値のコントロールを続けることで、合併症を予防することができます。

糖尿病コントロールの拠点として

患者様の症状にもよりますが、多くは月に1度ほど通院をお願いしております。
患者様との会話や質問を通じて、生活習慣や食生活の確認を行います。
またお薬を処方している場合は、患者様とお薬の相性もチェックしていきます。

当クリニックでは管理栄養士との栄養相談やさまざまなセミナー(糖尿病教室や運動療法の会)などを通して、楽しく、分かりやすく、最新の糖尿病の情報や話題をご提供いたします。
みなさまの糖尿病コントロールの拠点として、お気軽にご相談・ご質問をお寄せください。

インターネットから診察予約ができます。

ご予約はこちら
モオカ 内科・糖尿病クリニック 0285-80-7888

受付期間:月~土9:00~12:00
     月~水・金9:00~12:00、15:00~18:00

ご予約なしで直接ご来院いただいても大丈夫です。

診療時間

木曜・土曜は午前中のみの診察になります。
日曜・祝日は休診です。
※院長の学会出席や研究会などで急な休診もございます。あらかじめお電話をいただけますと確実です。また時に別の医師による代診を実施することもございます。

糖尿病以外の患者様へ

当院は「くまくら診療所」として「くまくらさん」と呼ばれ親しまれていた頃から、みなさまの健康に向き合ってまいりました。

当院は内科クリニックでもあります。内科全般の病気の診察を行っており、くまくら診療所時代から通われている、「かかりつけ医」としての患者様も大勢おられます。
風邪症状やお腹の不調、発熱、頭痛など、「いつもより体の具合が悪いな」と感じたときの「かかりつけ医」として、ご家族でお気軽にご来院ください。

特にメタボリックシンドロームや高血圧・高コレステロール血症・高尿酸血症などの生活習慣病と健診で指摘された方、複数の病気を持つリスクの高い方は、早めの治療開始をおすすめします。
メタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣病は、糖尿病とも深く関係しています。
みなさまの健康を普段から身近で見守るクリニックでありたい、とわたくしたちは考えております。

内分泌内科とは

わたくしは糖尿病専門医ですが、内分泌専門医でもあります。
糖尿病は本来、内分泌内科の領域です。
内分泌内科の内分泌とは、体内で分泌されるさまざまな「ホルモン」のことです。
糖尿病のカギを握る「インスリン」も、実はすい臓から分泌されるホルモンの一種なのです。
そのほか、ホルモンはこんな臓器からも分泌されています。

  •  甲状腺
  •  副甲状腺
  •  脳下垂体
  •  副腎
  •  性腺

すい臓もふくめ、これらの臓器の不調を診断・治療する専門家が、内分泌専門医です。
かかりつけ医として、糖尿病専門医として患者様に向き合う中で、これらの臓器の不調にも気づき、診断・治療を行うこともあります。

また甲状腺の病気があるご家族・ご親族がいて自分にも似た症状がある、最近首がはれている、健診で首のはれを指摘されたなど、甲状腺が気になる方はお気軽にご相談ください。血液や超音波による精密検査を当クリニックでは行っております。

インターネットから診察予約ができます。

ご予約はこちら
モオカ 内科・糖尿病クリニック 0285-80-7888

受付期間:月~土9:00~12:00
     月~水・金9:00~12:00、15:00~18:00

ご予約なしで直接ご来院いただいても大丈夫です。

診療時間

木曜・土曜は午前中のみの診察になります。
日曜・祝日は休診です。
※院長の学会出席や研究会などで急な休診もございます。あらかじめお電話をいただけますと確実です。また時に別の医師による代診を実施することもございます。

糖 尿 病 Q & A

糖尿病は治りますか?

糖尿病は、糖を体内で上手に使うことができず、血管内の糖の濃度が高くなり、全身の血管などに悪影響が出る病気です。糖尿病のほとんどを占める2型糖尿病は、食べ過ぎや糖質にかたよった食生活、運動不足などの体にとって良くない生活習慣を続けていると起こる病気で、多くの感染症や早期がんのように、治療すれば完治する、という病気ではありません。管理によって血糖値が健康な人のように安定しても、食生活や運動などの生活習慣が乱れれば、すぐに血糖値に影響が出ます。
生活習慣病全般を含めてこれ以上の悪化を防ぎ、少しでも現状を良くしていくために、上手に付き合っていくべき病気です。

糖尿病って、そもそもどんな病気なの?

糖尿病は、「糖代謝」(必要なエネルギー源である糖を体中に届け、余った分は体の中に蓄え、必要なときは蓄えから糖を使う一連のシステム)の異常です。糖代謝の主役は、血糖値を下げる働きをする「インスリン」というホルモンですが、糖尿病になった時点で、すでにインスリンを作り出す細胞は生まれたときの約半分に減ってしまっているとも言われています。
血管内の糖の濃度が高くなると、非常に細い血管が多い目や腎臓などを傷つけてしまいます。糖尿病が怖い病気と言われているのは、目や腎臓の障害や動脈硬化による心筋梗塞・脳卒中など血管の合併症が多く、症状が自分でわかる頃には、すでに病状が深刻になっていたり、治療を行っても完全に治すことができなくなっているからです。

糖尿病の治療とは、どんなものですか?

糖尿病の原因や症状、治療目標は、患者様お一人お一人で異なります。まさに十人十色の病気です。
そのため、患者様お一人お一人の年齢・体調・病気の状態を見極め、職業や家庭内での役割なども考慮しつつ、食事や運動などの生活習慣の見直しやお薬を処方させていただくことで、血糖値のコントロールをしていきます。

薬は多いですか?

2型糖尿病の飲み薬は、大きく3つのタイプ、複数の種類に分けられます。
・インスリンの分泌をうながすタイプ
・悪くなったインスリンの効き目を良くするタイプ
・糖分の吸収をゆるやかにしたり、尿から糖分を排せつさせたりするタイプ

さらに病状が進んだ場合や血糖値がとても高い場合は、外部からインスリンをおぎなうお薬も使用します。
糖尿病は患者様によって病状が異なるので、どのお薬を処方させていただくか、どの組み合わせで処方させていただくかは、患者様によって違います。
薬が飲みにくい、多すぎると感じた場合は、遠慮なくご相談ください。

糖尿病の治療は、どれくらいの頻度で通院が必要ですか?

一般的には1ヶ月に1度程度の通院をお願いしております。
血液検査をはじめ、最近の体調や生活習慣、食生活について話をして、病状をチェックします。
生活習慣に大きな改善が見られ、血糖値も安定している場合は、受診と受診の間が長くなる場合もあります。

運動が大嫌いだし、野菜も好きじゃないのですが・・・

運動といっても、いきなり何キロも走ったり、何時間も筋トレをしたりする必要はありません。
運動不足の状態が続くと、インスリンが分泌されても効きにくくなり、糖尿病のリスクが高まります。そのため車をお店の入り口から遠くに止めて歩く、近所には歩いたり、自転車を使ったりして行く、エレベーターを使わずに階段を使う、朝晩ラジオ体操をしてみる、などのちょっとした運動から始めてみましょう。
食事については、完全に自炊しなくてもスーパーのお惣菜やコンビニの食品などを組み合わせて、血糖値が上がらないようにする方法も考えられています。野菜が苦手な方は、飲みやすい野菜ジュースを利用したり、食事の時に魚・大豆製品・乳製品などのたんぱく質を糖質より先に食べたりするなど、できる範囲で糖尿病リスクを抑え、血糖値のコントロールをしていきましょう。

もう一生甘いものは食べられないのですか?

甘いものを食べても大丈夫です。また、味気ない食事しか食べられないということもありません。
糖尿病の治療で大切なことは、食事カロリーと栄養バランス、そして運動です。甘いものを食べるときは量を加減したり、他の糖質(お米やパンなど)の食べる量を減らしたりする、食べた後は運動をするなど、生活全体でバランスを取っていきましょう。
どういった甘味をどのタイミングで、どれくらいの量食べれば良いかなどは、ご来院いただいた際にご相談ください。

食べ歩き・美味しいものを食べることだけが趣味なのですが…

病気を抱えていても、生活の質(QOL)や人生の楽しさを保つことは大切です。生きがいともいえる趣味であるなら、できるだけ長く続けたいと思われるでしょう。
美味しいものは塩分や糖分が多く、カロリーが高いこともしばしばです。そこで食物繊維を含むものも一緒に食べたり、食べる量を減らすなど、少しずつ食生活を変えてみましょう。
またこれまでまったく運動習慣がなく、メタボリックシンドローム傾向にあるのであれば、この機会に何かスポーツの趣味を増やすこともおすすめです。

インターネットから診察予約ができます。

ご予約はこちら
モオカ 内科・糖尿病クリニック 0285-80-7888

受付期間:月~土9:00~12:00
     月~水・金9:00~12:00、15:00~18:00

ご予約なしで直接ご来院いただいても大丈夫です。

診療時間

木曜・土曜は午前中のみの診察になります。
日曜・祝日は休診です。
※院長の学会出席や研究会などで急な休診もございます。あらかじめお電話をいただけますと確実です。また時に別の医師による代診を実施することもございます。

当院について

患者様へ

ー 医師として ー

わたくし自身、患者となって他の医療機関で治療を受けることもあります。また幼少期はさまざまなケガや病気で、病院やクリニックのお世話になりながら成長しました。
その中で、患者としてどのような気持ちでクリニックを探すのか、受診するのかを体感してきました。
このような経験から、患者様の立場でとらえ、対応することを大切に考えております。

やさしく

笑顔を忘れず、患者様の立場に立った見地で、やわらかな対応を

分かりやすく

中学生でも理解できる言葉で、高齢者の方にも聞き取れる発語で

きっぱりとした態度で

糖尿病改善に必要な事柄は、誠意をこめたきっぱりとした態度で

寄り添う

不安や不満など、患者様が「モヤモヤ」を吐き出しやすい医師でありたい

どんなに小さな不安や疑問でも構いません。糖尿病のこと、メタボのこと、病気全般のことなど、なんでもご相談ください。
ともに考えさせていただき、患者様により良い検査や治療をご提案して参りたいと考えております。

321-4369 栃木県真岡市熊倉2丁目21-1
TEL:0285-80-7888 FAX:0285-80-7778

インターネットから診察予約ができます。

ご予約はこちら
モオカ 内科・糖尿病クリニック 0285-80-7888

受付期間:月~土9:00~12:00
     月~水・金9:00~12:00、15:00~18:00

ご予約なしで直接ご来院いただいても大丈夫です。

診療時間

木曜・土曜は午前中のみの診察になります。
日曜・祝日は休診です。
※院長の学会出席や研究会などで急な休診もございます。あらかじめお電話をいただけますと確実です。また時に別の医師による代診を実施することもございます。