1. HOME
  2. 外来
  3. 腎臓内科

腎臓内科 ~Nephrology~

 

 慢性腎臓病(CKD)とは,検査で明らかになっている腎障害が3ヶ月以上持続する場合とされています。糖尿病性腎症,慢性糸球体腎炎,腎硬化症はCKDの主たる疾患で,生活習慣の改善を基礎として,早期に治療介入することで,腎機能増悪の予防はもとより,心血管合併症の発生を軽減する可能性もあると考えられております。組織診断が必要な患者様については腎生検を他の医療機関にお願いし,また,腎性貧血や骨ミネラル代謝異常の管理指導,CKDの急性増悪の予防指導,栄養指導など,専門医の観点からCKDの診療を提供していきたいと思っております。

 末期腎不全に至ってしまった患者様については,当クリニックで動静脈吻合や人工血管グラフトによる内シャント作成,動脈拳上,長期留置型カテーテル装着を行い,血液透析導入を図ります。合併症を有する場合の血液透析や,腹膜透析(PD)の導入,腎移植については芳賀赤十字病院,自治医科大学病院等と連携をとりながら診療を行う所存です。

 一人でも多くの患者様のCKDの進行を食い止めること,透析に至ってしまった方には,安心できる透析医療を提供できることを目標としております。


▲このページのトップへ

トップページクリニック案内診療案内一般内科外科全般小児科アレルギー科個人情報保護方針透析お問い合わせ
Copyright © 2014 Tochigi Welfare Puraza.